2014年2月アーカイブ

料理工房 カリナリーアート 2014.Feb.

  純米吟醸 「立春朝搾り」

〈材料〉

   
ぶり 3切れ ・・・1切れを2~3ッに切る。塩をふり、20分おく。
   
400g ・・・皮を剝き、4~6等分のくし型切り
しめじ茸 半パック ・・・小房に分ける
にんじん 100g ・・・5~6mmの厚さに切り、花型に抜く
かぶの葉 適量 ・・・茹でて4cmの長さに切る
   
白髪葱 適量
   
<調味料>  
出し汁 200ml
100ml
みりん 50ml
濃口しょうゆ 40ml
さとう 小さじ2
少々
   
<白味噌チーズソース>
西京味噌 30g
クリームチーズ 50g
出し汁 200ml~
   

〈作り方〉

  1. ぶりは、酒(材料外)を加えた湯で、霜降りにする。
     
  2. 鍋に,蕪~しめじ、にんじん、1)のぶり、<調味料>を入れて火にかける。
    沸騰後、2分程加熱し、そのまま保温する。
     
  3. 小鍋に、西京味噌とクリームチーズを入れ、出し汁でのばし、弱火にかける。
    とろみがついたら、冷やしておく。<白味噌チーズソース>
     
  4. 器に2)を盛り付け、蕪の葉を添え、<白味噌チーズソース>をかけ、白髪葱を添える。


    立春送り 2014.2.jpg

料理工房 カリナリーアート 2014.Feb.

純米大吟醸 生酒 「春のことぶれ」

〈材料〉

<材料>  
   
うるい 50g
   
小鯛の笹漬け 3~4切れ
   
わかめ 適量  ・・・熱湯を通し、冷水に取り適当な大きさに切る
   
<合わせ酢>  
しょうゆ 大さじ2
 〃 2
さとう  〃 1
   
<添え>  
花紫蘇 適宜
   

〈作り方〉

  1. 小鯛は、細めの削ぎ切りにする。
     
  2. うるいは、さっと茹でて、冷水に取る。水気を絞り、3cmの長さに切る。
     
  3. うるい、小鯛、わかめは、冷やしておき、いただく前に<合わせ酢>で和える。
    器に盛り、花紫蘇を添える。
     
  4. 小鯛の笹漬けの、あぶり焼いたものも、添えました。

    春の_送り 2014.2.jpg

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ