吟醸しぼりたての最近のブログ記事

料理工房 カリナリーアート    2009.Nov..
レタス の しらす入りチーズソース

吟醸酒  しぼりたて


 <材料>

レタス 1/2株 ・・・・・・・ 洗いざく切り

しらす干し 20g ・・・・・・・ 熱湯を通す

パセリみじん 大さじ1 ・・・・・・・ 水でさらし布巾で絞る

パプリカみじん 適宜

  <調味料>

クリームチーズ 50g

サワークリーム 50g ・・・・・・・ 生クリームにレモン汁を加えても良い

牛乳 大さじ2

塩・こしょう 適宜

<作り方>

1) ボウルにクリームチーズとサワークリームを入れ、牛乳とともに滑らかになるまで練る。

2) しらす干し、パセリ、パプリカのみじんを加え、塩・こしょうで調味する。

3) 器にレタスをざっくりと盛り、2)のソースを添える。レタスにつけていただく。


吟醸しぼりたて(2009.11)

料理工房 カリナリーアート    2008, Nov.
チキンのゼリー寄せ(洋風にこごり)

吟醸生酒「 吟醸しぼりたて 」        


 <材料> (21cmパウンド型1本分)
鶏もも肉(骨付き) 2本 ・・・・・・・ 関節で二等分に切る。

ベーコン(塊) 60g ・・・・・・・ 塊のまま
玉葱 〃 ・・・・・・・ 6等分切り
人参 〃 ・・・・・・・ 丸のまま
セロリ 〃 ・・・・・・・ 〃 〃
長葱 〃 ・・・・・・・ ぶつ切り

にんにく (皮付) 1 片
パセリの茎 4 本       スタフドオリーブ 10 粒
ローリエ 1 枚         うずらゆで卵 10 ヶ
白粒こしょう 10 粒     パセリのみじん 1/4 C
ドライタイム 適宜      塩 小匙 1/5
                 こしょう 適宜

  <調味料>
白ワイン 30 ml
チキンブロス 300 ml       <添え>
ブイヨン 1 ヶ             チコリ(エンダイブ) 適宜
粉ゼラチン 3 g            ピクルス 適宜
      (水10mlでふやかす)

 <作り方>

1) 厚手の鍋にサラダ油(材料外)を敷き、鶏肉を皮目から焼き、色づいたら ベーコン、
   玉葱~長葱まで加え炒める。

2) 白ワインでフランベする。チキンブロス・ブイヨンを加え、沸騰したらアクを取り、
   にんにく~タイムまでを加え、約20分弱火で煮る。(水分が足りなくなったら水を加える)

3) 鶏肉を粗くほぐす。ベーコン、セロリは さいの目切り。人参は花型に抜く。玉葱は、
   切りそろえる。その他のにんにく等は取り除く。

4) 煮汁は漉して300ml取る。鍋に戻し 塩・こしょうで調味する。 ゼラチンを溶かす。
   ボールに移し、氷水を当てながらとろみをつける。パセリを加える。

5) パウンド型にサラダ油を軽く塗る。型に3)の具、スタフドオリーブ・うずらの卵などを
   ぎっしり詰める。5)のゼラチン液を流し込む。冷蔵庫で最低3時間は冷やし固める。

6) お皿に取り分け、チコリとピクルスを添える。

DSC00014(2008.11)吟醸しぼりたて

料理工房 カリナリーアート    2007, Nov,

かぶの千枚漬け~カルパッチョ風

吟醸生酒   しぼりたて


<材料> 

千枚漬け 6枚 ・・・・・・ 半月に切る。

ライムの皮 1/2ケ分
 
ピンクペッパー 10粒

チャービル 適宜

<ドレッシング>

レモン汁 小匙2

オリーブ油 大匙2



 <作り方>
1) 千枚漬けを半分に折りたたみ、器に並べる。

2) <ドレッシング>をかけ、その上にライムの皮をおろし器でけずり、ピンクペッパーを
   もみながらふる。チャービルを飾る。

吟醸しぼり(11月).jpg

きのこマリネ

| コメント(0)

料理工房 カリナリーアート    2006, Nov..

き の こ の マ リ ネ

吟醸・生酒  -しぼりたてー ~

<材料> 6人分
しめじ 400g ・・・・・ 手でほぐす

生椎茸 200g ・・・・・ 大きいものは、4等分切り

トマト 200g ・・・・・ 湯むきして種を取り、5mm角切り

玉葱 大匙3 ・・・・・ みじん

パセリ 大匙1 ・・・・・ みじん

アンデーブ ・・・・・ 一枚づつはがす

<調味料> <ソース>
白ワイン 100ml レモン汁 大匙1-1/2
水 50ml
塩 小匙1/2
こしょう 少々 オリーブ油 80ml

<作り方>
1) 鍋にきのこと<調味料>を入れ、弱火にかける。約15分程煮る。

2)  ドレッシングを作り、きのこを和える。

3) トマト、玉葱、パセリを合わせ、アンデーブに盛りつける。

11月写真.JPG

鶏のコンフィ

| コメント(0)

200511_鶏のコンフィ_S.jpg

<材料> 4人前 

 鶏の骨付きもも肉  200g~×4本
  
  <下味A>            <下味B>
   にんにく   1/2片         ローズマリー 適宜 
   粗塩     大匙 1       ローリエ    〃
   砂糖     小匙 2       タイム     〃
   コショウ   小匙 1       ブランデイ  小匙2

  オリーブ油   500cc~(ひたひた程度)

  <添えもの>
   じゃがいも
   ローズマリー
   お好みでマスタード

<作り方>

1 前日の下準備   鶏もも肉の全面に、半分切りのにんにくの切り目をこすりつける。
           <下味A>をもみ込み、<下味B>をまぶす。
           バットに金網を置いた上にのせて、ラップをかけて冷蔵庫で1日置く。
2 翌日 鶏をきれいに水洗いして、水気を拭き取る。
3 厚手の鍋に鶏を並べ、オリーブ油を注ぐ。極弱火にかけて(決して沸きたてない程のやさしい火加減)
 50分煮る。竹串を刺して火が通っているか確認する。
 保温調理用鍋の場合(はかせ鍋):極弱火にかけて、沸騰加熱5分、保温45分。
4 火から下ろし、粗熱を取り、保存容器に移し冷蔵庫で保存する。
5 必要な時にコンフィを取り出し、250度~のオーブン又は、フライパンで表面をカリッと焼く。
6 コンフィに使ったオリーブ油を使って、じゃがいも(あらかじめ軽く蒸すか、茹でておく)、
 ローズマリーを揚げて コンフィに添える。
Memo
1 食べごろは、作った当日 ~ 1ヶ月
2 コンフィは焼く以外にも、さいてサラダにしたり、刻んでパスタ、スープに使える。
3 使ったオリーブ油は、3~4回コンフィに使用できる。又、肉を焼いたり、揚げ物に使用する。
4 ラップで落し蓋をして、必ず肉が油に漬かっている状態で保存する。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち吟醸しぼりたてカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは吟醸「酒蔵の詩」です。

次のカテゴリは吟醸工房山廃純米「七」-ななーです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ