2007年7月アーカイブ

帰還

| コメント(0)

(思い出の続き)

事務所のオネーさんに高蔵寺駅まで送ってもらうことになった。
何か話をしたと思うが、思い出せない・・
事務所のオネーさんの細い足首に、アンクレットがキラキラとしていた。

何とか就職できそうだな、求人票には研究開発及び分析業務と書いてあったのでそんな重労働はないだろう。
今思えば進路指導の先生が、私が、しょうがないからとりあえず酒造りに行くと言った時、ニヤリとした意味が解る。
だがその時は、ちゃんとした普通のサラリーマンになれて安心していた。
給料は確かに少ないが、毎月決まったお金がもらえる喜び、一日3食食べれる幸せ。

もうすぐ高蔵寺に着く、そこから乗り換え。
車のガラスに映る自分を見る。
リクルートスーツの着心地が悪いし似合わない。
だが、ヘヤースタイルは決まっている。
もうすぐ冬が来る。
早く帰ってバイトに行こう。
明眸のオネーさんたちは良い。
アンクレットキラキラ。
次回に続く。荒川

草刈は当番制

| コメント(0)

IMG_1357.jpg

私は西ちゃん、私の通った後には草木一本生えない。
さあ!かえるども、逃げ惑うがいい。ばらばらにされたく無かったらね。
さあ!蛇ども、恐れおののくがいい。
そこのけそこのけ西ちゃんが通る!荒川

梅農家のにーちゃん?

| コメント(0)

IMG_1361.jpg


IMG_1360.jpg

どうよこの梅は!梅酒を造るのに最適ですぜ!!
この色見てよ!粒ぞろいもどおよ!
いい梅酒できますぜ!だんな!


本当は梅農家のにーちゃんではなく、最近幸せそうな関谷の従業員、良典君でした。荒川

運命の出会い

| コメント(0)

(思い出の続き)

事務所には若いオネー様たちが楽しそうに仕事をしている。おそろいのユニフォームがOLっぽくてかわいい。私が言うことではないがとりあえず合格である。経営者さんはいい趣味している・・・。

「こんにちは、そちらで座って待っていてくださいね」と店舗の脇の腰掛に案内された。
こんな所で面接してお客さんが着たらどうすんだろう思っていたが、お客さんは一人も来ない。

座っているとカウンターの奥から急におばあさんが出てきたので驚いた。元看板娘のおばあさんと話をする。
「どこから来たの?」
「岩倉から来ました」
「・・・・・・・・・」  ハハーン、きっと知らないな
「いくつ?」
「二十歳です」
「いいねー若くて」                           若くてもとても疲れています
「この会社は本当にいい会社だから入った方がいいよ!」   是非、給料がいただけるなら何でもしますから入れてください。とりあえず生活費が欲しいんです。

奥から人の良さそうな腹の出た信楽焼きの様な叔父さんが出てきた。ニコニコしている。きっと専務さんだ、とりあえ起立して挨拶をする。

「先日お電話しました荒川貴信と申します。」          緊張するな
「まあ座って」                        座る。さっき飲んだコーヒーが逆流しそうだ。
とりあえず履歴書を出し、広げ渡す。           家族欄を見ないでくれー!
専務は上から目を通していく。              そんな紙切れで僕を判断しないでくれー。

専務の目が家族欄らしき所で目が止まった。           やばい・・来るぞ!
「荒川君! 小さい妹がいるんだねー。」             違います・・・
「あっ、間違っているよ。扶養家族が二人になっているよ」   だから間違っているのはあなたです。いや私が人生設計を間違えました。

事務所のオネー様がお茶を出してくれる。
一瞬目が合いニコッとしてくれた。この人は年下好きかな。


「あのーそれは、僕の娘です」          言っちゃった。 絶対 ええっ って言うぞ。
「ええっ」                      にやけながら私を見ている。
「君、子供がいるの!いくつ?」  終わったな。そんなに悪いことかな、むしろ私は誇りを持っています。
「一歳です、出来ちゃいました。」     
「どうやって生活しているの?」  
「バイトを深夜までやっています。」          後はパチンコで補っていますとは言えない。
「大変だね。」             同情するなら金をくれ! 仕事をくれ?いや同情される必要はない。
「酒造りは大変だよ。」          今の生活の方が大変です。お腹が減ってしょうがないんです。
「出来ます。」               多分ね
「とりあえず冬休みになったらバイトしにおいで、そこで続けれそうならお願いします」   
よし!就職決まっちゃった!    
「ありがとうございました」
「瀬戸駅まで送らせますので、少し待っててね」       待ちますとも、待ちますとも。
看板元娘さんがニコニコして私を見ている。年下好みかな?      次回があれば続く。荒川

野良社員

| コメント(0)

IMG_1321.jpg
野良社員だった彼も私も、違う蔵からこの会社に救われた。

また捨てられないようお互いがんばろうね。荒川

手前味噌

| コメント(0)

070425_161557.JPG
以前、アサヒマイビール工房と言うビール造りが体験できると言う、どこかで聞いたことのある様な企画に参加してきました。
巨大な工場も見学させてもらいました。
綺麗な工場で凄かったが、私は日本酒造りでよかったな。
機械造りのイメージの強いビールが手造りできるとは思いもしませんでした。三人一組で一生懸命造ったビールはとても美味しかったです。
間違いなくスーパードライより美味しかった。
S氏なんか記念写真まで撮っている始末。荒川

事の始まり

| コメント(0)

二十歳。
私はリクルートスーツに身を包み、名鉄瀬戸線に乗っていた。
女子学生が多い電車だな。きゃっきゃと世話しなく話をしている。楽しそうだ。
流れる秋の退屈な景色をボーっと眺めながら、自分の不運さを呪っていた。
学校の成績も上位、属に言う一流企業の推薦を二つもしてもらったのに、なぜ就職できないのだろうか。
景気のせい?私と言う人間のせい?不運?学生の分際で結婚し子供もいるようなだらしの無いやつは要らない?
くだらない外の景色を見ているとネガティブな考えが頭に充満する。

終点名鉄瀬戸駅に着いた。ここからバスに乗り換えだ。約束の時間にも余裕があり少し安心する。
割とすぐにバスがやってきて乗り込んでみると乗っているのは私だけのようだ。さみしい・・またネガティブになっていく。面接の時にこれではダメだ、もっとテンションを上げなければ。バスは駅から坂道をどんどん上がって行くのに・・・。

バス停を降りる。まだ時間が一時間以上ある。早く来過ぎたみたいなので近くの喫茶店に行きコーヒーでも飲みながら週間マガジンを読もう。はじめの一歩は面白い。

そんなに時間もつぶせなくなり会社の回りを歩いて調査してみた。
第一印象はなんてボロイ建物なんだ、あちこち崩れているし、直してあろう部分もきっと素人がやったんだと解るレベル。少々不安になってきた。
また敷地がとてつもなく広い。どでかい空き地があるし、後から知ったが国道も跨いでいる。
散策しながらまた考える・・・。子供のことを聞かれたらどうしよう。人手不足、後継者不足の来るもの拒まずのこの酒業界までもふられたら嫁さんに何て言おうか・・・。噂で酒屋さんは、とてもハードな仕事と聞いていたので私に我慢できるだろうか・・・

そろそろ時間だ。表の事務所らしいドアを開け
「今日、面接をしに来ました荒川です。専務さんは見えますか」  次回があれば続く・・・荒川

お熱いのがお好き

| コメント(0)

IMG_1337.jpg

殺菌法は色々あるが、煮るのが一番。

臭いは付かないし、手っ取り早いし、第一効果的みたい。荒川

最後のもろみの面

| コメント(0)

IMG_1351.jpg

仕込が終わって久しいが、今年の造りも、今考えるとあっという間に終わってしまった。
仕込み前半にはいろいろとごたごたしたり、自分の造りたいお酒と違ったりとフラストレーショションが溜まる18酒造年度でした。
今年が初めてですね、早く次の仕込が始まらないかなーなんて思うのは。いつもなら当分酒は造りたくないな、なんて思っているのに。

私みたいに若くして杜氏を始めるときっと今ぐらいの年齢になるといろいろ擦れてくるし迷いも出てくる。
初心に帰ろう!自分を信じてがむしゃらに酒を造っていた頃の様に。荒川

のど越し

| コメント(0)

IMG_1338.jpg

今度は、釜に洗剤をいれて沸かしてみた・・・・・・・

今日の晩酌はビールにしよう。荒川

同情

| コメント(0)

IMG_1344.jpg

甑に水を入れて沸かす・・・・・
石川五右衛門さん熱かったろうに。荒川

格差社会

| コメント(0)

IMG_1269.jpg
経済格差がここにも!荒川

イベント協力

| コメント(0)

IMG_1332.jpg

春のイベントの裏側。

そうそうスタッフが楽しいイベントじゃないとお客さんも楽しくないね。荒川

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2007年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年6月です。

次のアーカイブは2007年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ