2007年12月アーカイブ

春の一大イベント

| コメント(0)

(思い出の続き)

酒蔵明眸の一大イベントに慰安旅行がある。
私が社会人になって始めての慰安旅行である。

旅行前日から一泊二日で飲む酒の準備を始める。ビールからチューハイ、もちろん日本酒をどんどん用意する。いったいどれだけ飲むのだろう。

新潟からきた蔵人さんたちも楽しみにしているらしく一張羅をクリーニングから取ってきている。

慰安旅行当日
早朝から会社にバスが止まり、社長や大奥さんに見送られ出発するや否やビールが前から回ってきて一斉に飲み始める。社会人初めての慰安旅行なのでこの習慣に驚いた。
ここから一泊二日、飲みっぱなしである。私のようにか弱い新入社員なんていちころにやられてしまう。

確か最初の慰安旅行は信州蓼科だった。
酔っ払いがバスガイドのオネーさんやら添乗員をいじめながら観光していき、旅館に到着。
風呂に入って宴会が始まる。
引き続き飲みまくり持ち込んだお酒がどんどん消費される。

宴たけなわになり、専務はステージの上でパンツ一丁になりマイクで何かいっている。あの時のグリーンの気持ち悪い柄の大きなパンツは今でも忘れない。

宴会も終わり二次会続き、最後は部屋の廊下で営業の人たちと遅くまで飲み語らった。荒川

12/1仕込33・・ゆっくりゆっくり酒になって行きます。

12/8仕込36・・以外に良い感じに推移していっています。

12/11仕込38・・最高温度を継続中。

12/15仕込39・・最高温度に達しました、ここから発酵が強まります。

12/22仕込41・・先日はお疲れ様でした。ようやく溶け始めました。荒川

衝動

| コメント(0)

IMG_0111[2].jpg

時々やってはいけない事を思い切りやりたくなる衝動に駆られる。
普段は理性に抑制されるが、疲れているときや、むしゃくしゃする時は本能のままに突き進みたくなる。
またちょっとしたきっかけで理性が負ける時がある。例えば目の前に蹴ってくれとは言わんばかりのケツが有ったり・・・。有った!!

タンク洗い中の無防備なこのケツに回し蹴りもしくはカンチョウを食らわしたい。
きっと良い声で鳴くんだろうな・・・。荒川

小春日和

| コメント(0)

(思い出の続き)

春になってうれしはずかし新入社員です。
一通り営業の人たちやビン場の人たち、作業場の人たち、蔵人に再度ご挨拶。
前回、お試し体験の時見えなかった人たちもいるのでしっかりご挨拶。

さて蔵の仕事と言うと四月になって酒づくりも一段落し片付けの真っ最中です。
蔵人さんたちももうすぐお家に帰れるとあって終始ニコニコ顔です。それにもうじき慰安旅行もあるそうなので機嫌の良い事、ガミガミの釜屋さんも可愛く見える。

酒蔵の春は、仕事から解放された喜びと、やり遂げた達成感にぽかぽか陽気に浮かれ気味の蔵の様子。
今思っても、酒蔵に春が来るのはいいもんだ。荒川(続く)


11/24仕込30・・現在上槽中です。きれいなお酒に仕上がりました。どうぞお楽しみに!

12/1仕込33・・どっちかと言うとミネアサヒは酒造りに向かないが、出来た物を見てみないと解らない。

12/8仕込36・・ミネアサヒもこんだけ造るとなれてきてコツが解ってきた。

12/11仕込38・・明日最高温度に差し掛かります。

12/15仕込39・・先日は体験ありがとうございました。良い酒になるよう努力します。荒川

ラッシュアワー

| コメント(0)

IMG_0109[1].jpg

モト場も小仕込でぎゅうぎゅう詰め状態です。
ありがたい事です。
正月にオーダーしたお酒を飲みたいお客さんが多く、今このご時勢でもお正月は日本酒という人が多いのは嬉しい。
一年中日本酒ならなお嬉しい。荒川

11/13仕込22・・明日上槽します

11/13仕込23・・淡麗辛口のお酒に仕上がりました

11/18仕込25・・今から搾るところです

11/20仕込27・・16日に搾る予定です

11/20仕込28・・27号と一緒に搾ります

11/22仕込29・・17日に搾る予定です

11/24仕込30・・もうじき搾る予定です

12/1仕込33・・もろみ中盤に差し掛かりました

12/8仕込36・・ミネアサヒにしては溶けてきました

12/11仕込38・・しっかり気合を入れて仕込んでおきました

フィーバー

| コメント(0)

IMG_0108[1].jpg

山廃純米原酒の七。

山廃の独特の風味が楽しめます。

原酒なのでしっかりした骨格を楽しめます。

3年間トンネルで熟成させました。

3本買ってこうやって並べるとパチンコファンも大喜び。荒川

IMG_0096[1].jpg11/13仕込22・・早いもので一番お兄さんになりました
IMG_0097[1].jpg11/13仕込23・・22号とそっくりです
IMG_0098[1].jpg11/17仕込24・・きれいなお酒になりそうです
IMG_0099[1].jpg11/18仕込25・・アサヒノユメで造ったお酒ってこんな感じ?
IMG_0100[1].jpg11/20仕込27・・仕上げに入りました
IMG_0101[1].jpg11/20仕込28・・お兄さんと同じ感じになっています
IMG_0102[1].jpg11/22仕込29・・夢山水ってこんな感じです
IMG_0103[1].jpg11/24仕込30・・お客さんが触った一念不動60%です
IMG_0104[1].jpg12/1仕込33・・ミネアサヒにしては味がでるかな?
IMG_0105[1].jpg12/8仕込36・・体験お疲れ様でした。まだ溶けていません。

お試し期間終了

| コメント(0)

(思い出の続き)
昼からは明日の仕込みの準備や洗物に取り掛かる。
午前中の忙しさ、慌しさにに比べれは幾分楽だが洗物の水が冷たい。
今の蔵と違ってお湯なんか出てきてくれない上、刺すように冷たい水が出る。
この時点で辞めたくなってきてしまった。
明日は6時に来てクンナイと言われ、精神的にも疲れきった体で一時間半運転して帰るのであった。

一週間のお試し期間だったが、私にはお試し期間ではなくここしかなかったのでお試し期間でクビにならぬよう一生懸命働いたのを覚えている。
その時は、一週間で十分お酒造りの大変さ、難しさが解ったと思っていたが今考えるとまだまだだった。

過酷な労働条件で仕事をしているとやはり仲間意識が出てくるし実際ここで働いている人たちは、癖が有るにしても気の良い人が多かった気がする。

さあ!私も春から仲間に入れてもらおうと思いつつ正月を過ごすのであった。荒川(続く)

今年も始まる

| コメント(0)

IMG_0042.jpg

少し早めに大吟醸の米を擦り始めた。
一念不動35%と品評会用の酒を仕込む米である。
しっかり時間をかけて、薄皮一枚ずつ丁寧に削る。
割れはないか、形はいいか。荒川

紅葉

| コメント(0)

IMG_0043[1].jpg

この紅葉もすでに終わり、毎年ながら冬が来る。
この時期、他の蔵で働いている友達と話をすると、忙しい!忙しい!と言いながら何故か楽しそうに聞こえる。
これが私のやるべきことなのだと解っているのである。大変、大変と言いながらも楽しいのである。

酒づくり本番、この年に悔いが残らぬよう忙しさを堪能することにしよう。荒川

インテリめがね

| コメント(0)

IMG_0082[1].jpg

稲武工場は湧き水を使用していまして、そのまま使用するとゴミが入る恐れがあります。
そこでフィルターを通してゴミを取り除くわけですが月一回はフィルターを洗浄消毒しなくてはなりません。
どうやるかと言うと、汚れを薬品で溶かし流します。
薬品は目に入ってしまうと目まで溶けて危ないので必ずこのナウイめがねをかけます。
このめがねを掛けると、このようにポヤッとした人でもインテリに見えます。
めがねを掛けていないと目に入ってしまった時、とろくて恥ずかしく内緒にしたくなったりと、とてもブルーな気持ちになること間違いありません。
皆さん気をつけましょう。荒川

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2007年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ