2005年11月アーカイブ

200511_ホタテとリンゴのサラダ.jpg

<材料> 4人前 

 ホタテ(刺身用)   4ヶ      →薄切り

 りんご        150g    → 皮付きのまま細切り、塩水を通し水気を切る。
  セロリ        半本(50g) → 細切り、水に通し水気を切る。 
  アンディ-ブ     半株(50g) → 〃 〃   〃    〃
  カッテージチーズ   50g   
  くるみ        適宜     → ローストして粗みじん
 
 ~しぼりたて入り 白ソース~
  酢          大匙 1
  しぼりたて純米酒   大匙 1
  塩          小匙 1/4強
  コショウ 適宜
  サラダ油       大匙 2

  生クリーム      大匙 3

<作り方>

 酢・酒 ~ サラダ油までをよく混ぜる。薄く切ったホタテを一度漬けて、取り出しておく。
ボールに生クリームを入れ、攪拌しながらゆっくりと1)のドレッシングを混ぜ合わせる。
とろりとした白いソースになる。
 しっかり水切りした りんご、野菜類、カッテージチーズ、1)のホタテを合せ、器に盛る。
くるみをふり、白いソースを添える。

鶏のコンフィ

| コメント(0)

200511_鶏のコンフィ_S.jpg

<材料> 4人前 

 鶏の骨付きもも肉  200g~×4本
  
  <下味A>            <下味B>
   にんにく   1/2片         ローズマリー 適宜 
   粗塩     大匙 1       ローリエ    〃
   砂糖     小匙 2       タイム     〃
   コショウ   小匙 1       ブランデイ  小匙2

  オリーブ油   500cc~(ひたひた程度)

  <添えもの>
   じゃがいも
   ローズマリー
   お好みでマスタード

<作り方>

1 前日の下準備   鶏もも肉の全面に、半分切りのにんにくの切り目をこすりつける。
           <下味A>をもみ込み、<下味B>をまぶす。
           バットに金網を置いた上にのせて、ラップをかけて冷蔵庫で1日置く。
2 翌日 鶏をきれいに水洗いして、水気を拭き取る。
3 厚手の鍋に鶏を並べ、オリーブ油を注ぐ。極弱火にかけて(決して沸きたてない程のやさしい火加減)
 50分煮る。竹串を刺して火が通っているか確認する。
 保温調理用鍋の場合(はかせ鍋):極弱火にかけて、沸騰加熱5分、保温45分。
4 火から下ろし、粗熱を取り、保存容器に移し冷蔵庫で保存する。
5 必要な時にコンフィを取り出し、250度~のオーブン又は、フライパンで表面をカリッと焼く。
6 コンフィに使ったオリーブ油を使って、じゃがいも(あらかじめ軽く蒸すか、茹でておく)、
 ローズマリーを揚げて コンフィに添える。
Memo
1 食べごろは、作った当日 ~ 1ヶ月
2 コンフィは焼く以外にも、さいてサラダにしたり、刻んでパスタ、スープに使える。
3 使ったオリーブ油は、3~4回コンフィに使用できる。又、肉を焼いたり、揚げ物に使用する。
4 ラップで落し蓋をして、必ず肉が油に漬かっている状態で保存する。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2005年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2005年10月です。

次のアーカイブは2005年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ